大阪で正しい美容専門学校の選び方

日本の専門学校とマイスター制度

現在の日本の教育制度上、専門学校の入学条件の一つとして高校卒業が一般的です。

そのため、高校卒業後の進路の一つとして専門学校が挙げられることが多くなっています。そしてまだ将来の方向性がぼんやりとしている高校生の進路決定のパターンとして、まず進学か就職かを考え、進学の場合、専門学校か大学かあるいはその他の学校を検討します。その後さらに具体的な学びの中身を調べていくという形で進んでいきます。ここで残念なのは、まだ将来の方向性が固まっていないからという理由で大学を選ぶということです。

もちろん、大学で学びたい分野があるのでしたら、それは問題ありません。ですが、消去法的に大学を選択した場合はお互い不幸な結果になりかねません。そこで専門学校への進学がより深く検討されるためにも、マイスター制度の普及が期待されます。マイスター制度とはドイツを中心にヨーロッパで中世から発展してきた制度であり、主に「手に職」を持った人たちが熟練の域に達したことを公的に認め、その道を究めた「親方」「名人」であることを証明する制度です。

マイスターは社会的にも高い地位として周囲から尊敬の眼差しを向けられます。大学へ進学して、ホワイトカラーの道を歩むだけが成功者の地位を得られるわけではないということにもなります。現在、厚生労働省が「ものづくりマイスター制度」を導入していますが、まだまだ知名度は低いです。これからの浸透を期待するとともに、サービス業などもマイスター制度の対象になるとより発展が進みそうです。日本でも「手に職」を持った熟練の労働者がより尊重される社会へと改善されていけば、日本の専門学校はその出発地点としてより重要な役割を担うことになるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *